上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
WBCの日本代表が今日晴れやかに帰国しました。
サムライらしく有言実行を見事に果たしたことは大変素晴らしいことであり、
今回の代表メンバーや原監督の采配に関しては、
いろいろと疑問やイライラが募ってはいたのですが、
連覇というこれ以上ない使命を果たした後はそんな気持ちよりも、
嬉しさと感動、そして選手ではないのにも関わらず、一種の達成感がありました(笑)

正直、キューバに勝って準決勝を決めた瞬間に優勝をある程度確信してはいましたが、
決勝で最終回、土壇場で韓国に同点に追いつかれたときは流石にヤバイ!
これはこのままサヨナラか!?とかなり焦っていましたが、
最後はチームリーダーのイチローが今までの不調はこの打席のため、
この打席で打つためにとっておきました!と言わんばかりの見事なタイムリー♪
改めて、イチローの存在感を感じましたし、感謝の気持ちが強くなりました。

今回は前回大会以上の強さを発揮し、見事連覇を成し遂げた日本代表ですが、
V3を達成するためには様々な課題があると思います。
まずはイチローというチーム内での大きすぎる選手の存在によって、
イチローに精神的に依存し過ぎているチーム体制です。

前回も今回もイチローの存在は大きく、彼が打てなくても勝てたのは彼の存在そのもの。
彼の存在がチームを鼓舞し、凄まじい集中力と情熱を生んでいたような気がします。
残念ながら次の大会のとき、イチローは39歳です・・・
今回の不調も私は年齢からくる衰えではないか?と思うのです。
39歳といえば、引退をしてもおかしくない年齢ですし、
ましてや代表に選ばれるだけの成績を残しているかどうかも分かりません。

彼がチームに選ばれないということを大前提とするならば、
彼に代わるチームリーダーの出現が必要かと思うのですが、
やはりイチローほどの実績、カリスマ性を持ち合わせた選手はもう100年は出ないと思います。
そうなると、イチローのいないJAPANで誰がチームを引っ張るか?
それは各選手全員です!各選手の自分がチームを引っ張るという気持ちの集合、
これはイチローという偉大な1選手の存在よりも、遥かに大きな力となると思います。

V2もそうですが、V3なんて難しいどころではありません。
今こそ、日本代表の意識改革、これをイチローが去るであろう、
WBC2013から徹底していくことがV3の大前提となるでしょう。
それができなければ、また北京五輪と同じような結果に終わるかもしれません。

イチローの損失は大きいですが、イチローに頼りすぎている現状も私は問題だと思うので、
その体制の打破をしたとき、イチローのいた前回、今大会よりも、
さらに強い日本代表の姿が見られるはずです^^V3への戦いはもう始まっているのです!
スポンサーサイト
2009.03.26 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://whitycanvas.blog45.fc2.com/tb.php/126-4b0ddfb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。