上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- Top↑
昨日は久し振りにぐっすり眠れまして、目覚ましの音と共に目覚めました。
といっても、やはり眠くてまだ寝ていたかったんですけど。

それにしても朝からずっと緊張してっぱなしで、
心も身体も震えまくっていて、不安だけが身体を駆け抜けていました。
ゼミの面接控え室に入ると、既に何人かの人たちがいて、
私で丁度6人目、その後1人入ってきて結局7人でした。
あれ・・・?応募者は12人だったのに!?まあ少ないのは悪いことではないのですが。

前回は教授とゼミ生が囲んだ感じで、全員から質問を受けたのですが、
今回は教授と一対一の面接で、私としてはこっちの方が良かったです♪
質問は数個で、時間にして約5~7分くらいでしょうか。
気が付けば、面接中には緊張感はなくなっていて、
前回と比べて、割とスムーズに話せたのではないかと思います。

それでも「相手の目を見て話す」など、事前に注意していたことに関しては、
集中していたからだったのかもしれませんが、ちょっと散漫になってしまい、
徹底できたとは言いがたいですし、あとあれだけ対策はしたのですが、
それでも、対策外の質問が飛んできたりして、少々戸惑ってしまった面もあります(泣

まあ、いくら対策をしたといっても、予想通り完璧な面接は不可能でしょう。
予想できた質問に関しては、少し頭の中がごちゃごちゃになりながらも、
割と伝えたいことは話せたのではないかと思いますけど。

ただ、話したことに対して教授の反応が薄かったような気もしますね。
あと懸案の成績のことについても突っ込まれました・・・
悪いのは十分承知しているのですが、「今年は去年の反省を生かして頑張っている!!」と、
一応話しておきましたし、実際今年は去年よりは頑張っていると思います。

先生の口調からして、おそらく優しそうで真面目な方だと思うので、
不器用で上手く伝わらなかった面も多々あるとは思うのですが、
この胸に秘めている熱意、そして入りたい気持ちは本当に誰にも負けない自信があります!!
それが是非、教授に伝わってくれていれば、そしてこの意欲を分かってくれれば・・・

結果が出るのはおそらく近日中だと思うのですが、
はっきり言って、大学受験のときの自分を見ているようです。
入試の結果を待っているときと今の気持ちの持ちようはとても似ています。

この待つしかない、落ち着かない、もどかしい、祈るしかない、
この気持ちを晴らすべく、あのときと同じように最後には笑えるように、
今は信じて待つしかないです・・・どんなときでも不安や焦燥感が襲ってくるとは思いますが、
今はできるのは信じることのみ、ただ、最後まで信じることだけ。
スポンサーサイト
2008.12.13 Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://whitycanvas.blog45.fc2.com/tb.php/102-13e172fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。